えごま油の味や健康効果、価格などについて徹底的に調査しました!

えごま油の味や健康効果、価格などについて徹底的に調査しました!

巷で話題のえごま油徹底調査レポート
通販で買える安全性と価格で選ぶえごま油4選
TOP » 知っておきたい えごま油の違いとその理由 » 使い方の違い

使い方の違い

えごま油というと「毎日スプーン1杯分を摂取する」という使い方が基本です。しかし、基本の使い方以外にも、応用して使う方法があります。どのような使い方があり、どのような目的で使うのか、ご紹介していきます。

えごま油を飲む

えごま油の使い方として、基本となるのは飲むという方法です。年代や性別によって必要とする量は少し異なりますが、スプーン1杯ぐらいを摂取しておけば補えるでしょう。ただ飲むだけでは飽きてしまうかもしれないので、サラダにかけたりしながら上手に取り入れてください。

ただし、加熱だけは絶対にNG。からだに良いと言われているオメガ3脂肪酸(α-リノレン酸)の成分が壊れてしまうので、必ず生で摂取しなくてはいけません。生で取り入れることで、体内でコレステロールのバランスを整えたり、中性脂肪の減少をサポートしたりする効果が期待できます。

えごま油を肌に塗る

えごま油の使い方として、肌に塗る方法があります。えごま油を手に取ってそのまま肌に塗るというわけではなく、化粧品にえごま油を含んで使用します。肌に塗るえごま油は、食用油よりもさらに高い品質となっています。化粧品として肌に直接塗ることが前提となっているため、食用よりも基準が厳しく設けられている場合が多いからです。

厳しい基準といっても国で定められているわけではなく、化粧品メーカー独自で基準を設けて製造しているのですが、品質の高い化粧品を製造しているメーカーなら、とても高い品質のえごま油を使っていると考えて間違いないでしょう。

えごま油を含む化粧品を使うことによって、美肌効果が期待できます。細胞間脂質と呼ばれる角質層にある細胞を作る材料となって、肌が水分を保持しやすくなります。そしてえごま油によって適度な油分が肌にいきわたり、潤いを保ちやすくなるでしょう。

目的に合わせて使い方を考えよう

えごま油をどのように取り入れて、どのように使うか。目的に合わせて考えてみましょう。飲む方法が基本となりますが、化粧品として使う方法もあります。えごま油による効果は使い方によっても変わるので、自分が望む効果を得られる使い方を見つけてくださいね。

毎日食べるものには徹底的にこだわりたい方へ
↓↓↓高品質で良心価格のえごま油はこちら↓↓↓

通販で買える安全性と価格で選ぶえごま油4選
通販で買える安全性と価格で選ぶえごま油4選